コペンを安く買うには?

コペンを安く買うには?

 

コペンを限界まで値引きして、さらに下取り車を極限まで高く売って、コペンを底値で買う方法を紹介します!

 

これを実践するのとしないのとでは、数十万円から損することになります・・・

 

簡単なので是非実践しましょう!

 

コペンの最新目標値引き額と2019年3月の値引き動向

コペンの最新値引き動向

 

3月のコペンの値引き動向は、先月から若干緩んできました。以前は一桁の値引きでしたが、現在では話が分かるようです。

 

3月は年度末決算セールにより、ディーラーでは毎週末にイベント等のフェアが行われています。値引きが出やすい環境なので、コペンから通常月よりも多い値引きを引き出す事が可能になります。3月にコペンを買うなら、オプションからの値引きを含めて二桁の15万円以上の値引きを目指しましょう。20万円を超えれば特上の条件です。

 

コペンは初回交渉での値引きのガードは固めなので、値引きが緩んできたホンダS660や、コペンの新車が買えるサブディーラー(中古車店や整備工場、買取店など。「地域名+新車+全メーカー」で検索)を絡めて値引き交渉しましょう。

 

車両からの値引きが少なければ、オプションからの値引きかオプションサービス、車庫証明手数料と納車費用のカット、そして下取り車の価格の上乗せでトータルの支払額を少なくしましょう。

 

コペンの場合は新車の値引きよりも下取り車があれば、下取り車の高取りを目指した方が、少ない労力でトータルで安く購入できます。

 

コペンの車両本体からの目標値引き額とは別にオプションから20~30%引きは可能です。

 

例えばオプションを20万円分付けたら、そこから4万~6万円引きを目指します。

 

今月(2019年3月)の車両からの目標値引き額12万円+オプション20万円からの値引き4万円総値引き16万円が合格ラインになります。

 

実際にコペンを購入した方の実例値引き額を掲載しています。コペンの目標値引きの参考にしてください。

絶対損したくない!下取り車の売り方

コペンの値引きは渋いですが、下取り車があるなら別です。下取り車の交渉をしっかりとやれば、それだけでコペンを20万円以上安く買うことも可能です。

 

しかしディーラーの査定のみだと、最初にディーラー規定の査定額を提示されて、後々値引き交渉が煮詰まってきたら、「これ以上の値引きが厳しいので、下取り車の方で調整します」などと言って来ることが多いです。

 

3万、5万、10万と徐々に査定額をアップして、お得感を強調して、「これで決めてください!」となるでしょう。

 

これはユーザーのお得感、満足感を満たすためのセールステクニックが考えられます。

 

一見値引き額(下取り額)が最初より上がったように見えますが、その査定額が中古車相場に合った適正なものなのかどうかの判断が、我々一般ユーザーには中々見分けることが出来ません。

 

実際にはもっと高い査定額が付く可能性もあるのです。

 

これが高額車や人気車になればなるほどその差は大きくなるので、実際は5万、10万、場合によっては20万円以上の損をしてしまう事もあります。これが非常にもったいないです。

 

ディーラー下取で損してる!?

 

値引きの渋いコペンを安く買うためには、まず1店舗で良いので買取店の査定を受けておきましょう。

 

そうすれば買取店のおおよその相場が分かるので、それを元にディーラーでの査定額が適正かどうかの判断が出来ます。

 

愛車の相場が分かればクルマ購入の予算組みも出来るので、一石二鳥ですね。

 

おすすめは下記の買取店です。ネットでおおよその相場が分かります。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 


地元の中小買取店が登録している査定比較.com(ズバット車買取)です。中小買取店は買取した車をオークションへ転売するだけでなく、自社で直接販売するお店が多いため、オークションに掛かる経費(中間マージン)を節約できる事から、高額査定が可能です。

中小買取店の名称例画像

 

これら買取店の査定額を基本に今後査定額の交渉をしていきます。

 

 

コペンの納期は?2019年3月現在

 

コペン納期:2~4ヶ月

 

グレードによって異なりますが、コペンの納期は受注生産のため、長めの納車期間となっています。

 

コペンの納車期間と納期実例

 

5/26契約→9/末納車(納期4ヶ月)

10月初旬契約→2月初旬納車

10/7契約→2月下旬納車

7月中旬契約→11月納車

値引きに適した交渉時期

コペンの値引きに適した交渉時期

 

一般的に値引きが大きくなる時期は、「1月~3月の年度末決算期」、「6月7月のボーナス時期」、「8月お盆明け~9月の中間決算期」、「12月のボーナス・年末商戦」、などがそうです。

 

この中で特に値引きが大きくなるのは決算期です。

 

決算期にはディーラーでもキャンペーンを展開して、お客さんを呼び込もうとします。この時期は特別な値引きも珍しくありません。

 

もちろんボーナス商戦もキャンペーンなどを展開して、値引きを引き出しやすい時期になります。

 

これらの時期に新車を買うタイミングなら、是非大幅値引きで購入しましょう!

コペンの競合車とディーラーをリストアップ

競合車の設定とディーラーリストアップ

 

新車の値引き交渉では、競合車を立てて「コペンか、どれにするか迷っている」状況で契約直前まで交渉した方が、値引きを引き出しやすくなります。

 

コペンと競合させるなら、ホンダのS660が良いライバル車となります。オプションを調整して、コペンと良い勝負となるS660の総額を、コペンにぶつけましょう。

 

可能な地域なら隣県に越境してダイハツ同士の競合も有効です。新車を扱っている中古車店などのサブディーラー も含めてコペン同士の競合をすると値引きを引き出しやすくなるでしょう。

 

コペンの競合車からリストアップして、コペンと迷っている、と商談していきましょう。

 

上記の競合車やコペンのダイハツディーラーをリストアップしたら、各ディーラーに訪問してみましょう。

 

多くのディーラーと商談する事により、「値引きしてでも売りたい!」と言うノルマ達成が厳しいディーラーや営業マンに当たる確率が高くなります。

 

下取り車があれば、ディーラーを周る前に一度買取店の査定を受けて相場感を知っておくと、ディーラーの査定が高いのか安いのかが分かり、下取り額の交渉が楽になります。

 

以下おすすめの買取店です。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

新車値引きの王道!コペンの値引き交渉術

ディーラー初回交渉

 

初回の交渉では具体的な値引き額について触れる必要はありません。「値引きも少しは頑張ってくれますよね?」などと言って相手の出方を見てみましょう。

 

それに対して「決めてくれるなら頑張りますよ!」とか、「値引きは一律いくらと決まっています」などの反応があるでしょう。その反応を見て、今後の交渉の参考にして行きます。

 

・その車種が本命かどうかは伏せておく

・他にも気になる車種があって迷っている、と伝える

・予算を聞かれても具体的な金額は言わない

・初回の商談は短時間でOK

コペンの2回目交渉

ディーラーとの2回目以降の交渉で限界値引きを引き出す!

 

二回目の商談から、具体的な値引き交渉を開始します。競合車のディーラーと交渉したら、現時点での出来る限りの値引き額をお願いして出してもらい、その条件を他の競合車へぶつけます。そうして出た条件をコペンにぶつけて、値引きを引き出します。

 

基本は、どこか一つでも好条件が出れば、それを元に他のディーラーへぶつける、さらに好条件が出ればまた違うディーラーへぶつける、と言うような条件のぶつけ合いです。そして、限界付近の値引き額を引き出します。

 

と言っても難しい話術は必要ありません。「どれにするか迷っている出来るだけ安く買いたい」この2点だけを伝えれば、値引きは増えていきます(^^)

 

コペン同士の競合は交渉終盤で持ちかけた方が良いでしょう。

 

・どこかで好条件が出たらそれを別のディーラーへ、さらに好条件が出ればまた別のディーラーへ、と競合を繰り返す

・値引き額と下取り額はきちんと分けて交渉する

・コペン同士の競合はまだ控える

・ディーラーオプションのナビは利益率が高いので、カーショップや通販で売られている社外品の値引きと比較しながら20%以上の値引きを!

コペンのダメ押し値引き交渉

ダメ押し交渉

 

二回目以降の交渉である程度コペンから値引き額を引き出したら、同士競合に切り替えます。


一例として以下のようにやってみても良いでしょう。

 

「自分は中古のS2000に気持ちが傾いたんですけど、嫁さんと話し合った結果、コペンにしようと言う事になりました。

 

S2000を諦める代わりに納得できる条件が欲しいので、申し訳ないけど他のダイハツでも商談しました。

 

他では値引き○○万円、下取り△△万円と出てるんだけど・・・」などと言って同士競合に切り替えます。(言い方は自分の状況に合わせて適当にアレンジしましょう)


これをそれぞれのダイハツやサブディーラーで仕掛けて、頑張ってくれそうなディーラーや営業マンさんに狙いを絞ったら、ハンコを武器に最後の交渉です。

 

「総額○○万円になったら契約します」「予算は△△万円です。この金額になったらこの場で他には断りの電話を入れます」などと言って、目標よりも多少無理目の金額を要求して見ます。

 

それが通らなかったり、また「間を取って○○万円」など、何らかの妥協案を出してきてもそれで納得せず、さらにもう一押ししてみます。


「では、メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」「ボディコーティングをサービスしてください」などと、数万円程度の無料サービスを要求すると良いでしょう。


また、納車時ガソリン満タン、車庫証明費用のカット、端数カット、などを最後で申し出てみると良いでしょう。

 

それらが通った時、そして目標金額に到達してすべての条件に納得したらハンコを捺して契約となります。

 

・ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれる

・ローンを組むなら金利の引き下げも要求できる(場合によっては数%の引き下げも可能)

・現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい

・任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分値引きの上乗せを迫れる

下取り車を限界まで高く売る!

 

コペンを誰よりも安く買う最終段階

 

下取り車がある場合は、これまでの交渉でディーラーでの限界付近の査定額が出たと思います。

 

そこで最後に複数の買取店に査定してもらいます。そこでもしディーラーや他の買取店の査定額を5万でも10万でも上回れば、その分さらにコペンを安く買える事になります。


そこで、契約前に「もしかしたら、下取り車を親戚に譲ることになるかもしれません。そうなったら納車時に下取りに出さなくても良い事を了承してもらえませんか?」などと言って、納車時に下取り車を出さない場合がある事を営業マンに伝えます。

 

契約を盾に申し出れば大概はOKになるので、それを了承してもらったら、契約書の備考欄にでもその旨一筆書いてもらいましょう。これで納車時まで自分の車に乗ることが出来ます。

 

そして納車日が決まったらそれにあわせて、複数の買取店に査定してもらい、ディーラーより高値が付けばそこに売る事ができます。

 

ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括査定です。

 

カービュー「カーセンサー.net」なら一度に複数の買取店へ査定を依頼出来ます。ちょっとしたオークション状態になるので、思わぬ高値が付くことも。大手買取店はもちろん、特に地方も含めた地元の買取店が充実しています。地元の買取店は大手ほど広告を出していません。その分コストが掛からず、査定額で大手に対抗してきますので、高査定が期待できます。

 

時間と場所を指定すれば、無料出張査定にも来てくれるので、そこでディーラー査定よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、他の買取店と競合させても良いでしょう。

 

もちろん納得できない査定額なら断ることも可能です。

 

ここまでやって、もし買取店の査定がディーラー査定よりも低くても、「ディーラー査定の方が買取店の相場よりも高くてお得だった」と納得できて、気持ちよく愛車を手放せますね。

 

・下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る

・それでもディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功!

 

以上がコペンを限界の底値で買うための方法です。

 

何も知らずにディーラーの言う通りに値引きはそこそこ、下取りもそこそこで決めてしまうと(営業マンは頑張りました!と言うでしょうが・・)、簡単に数万円~数十万円以上コペンを高く買ってしまう事になります。

 

そうならないためにも是非上記の値引き、下取り交渉術を実践して、限界値引きでコペンを購入しましょう!

 

 

値引きが少なくて新車が高いなら新古車や未使用車もあり

 

どうしても値引きが少なくて予算オーバー。。。 そんな時は新古車や未使用車がおすすめです。

 

走行距離をほとんど走っていない登録しただけの未使用車や、走行5000キロ以下の新古車なら、ある意味新車感覚で乗る事ができます。

 

しかも新車よりもかなり割安で乗れるのが一番のメリットですね。

 

ただ、割安に販売している未使用車や新古車は、やはり人気がありすぐに売れてしまう事が少なくありません。

 

そんな時ガリバーのクルマコネクトなら、中古車市場に出回る前の非公開車両を優先的に紹介してくれるので、お得な新古車を逃してしまうリスクを防げます。

 

しかも、やり取りは電話ではなくチャットのみで完結できるので、スキマ時間にやればOK。時短になりとても便利です。

 

もちろん、新古車・未使用車以外でも、予算や条件を伝えれば、それに合った中古車を非公開車両含めて紹介してくれます。

 

>>クルマコネクトで中古車を探してもらうならコチラ

 

 

コペンの乗り出し価格(総額)は?

 

グレード

コペン セロ(5MT)

 

車両価格(消費税込)

1,927,800円

 

メーカーオプション品名

パールホワイトⅢ、寒冷地仕様

32,400円

 

ディーラーオプション名

カーペットマット

約17,993円(工賃込み)

 

諸費用(税金・登録ほか)

約122,500円

 

コペン車両値引き(2019年3月1日目標値)

▲120,000円

 

ディーラーオプション値引き

▲3,000円

 

コペン乗り出し価格(総額)

1,970,000円(端数カット)

 

コペンを残価設定クレジット(残クレ)で買うと値引きが多くなる!?

 

コペンを残価設定ローンで買うと値引きが多くなる!?

 

もし残価設定ローンでコペンの購入を検討しているなら、こちらも参考にしてみて下さい。

 

5年後のコペンの買取金額と残価設定額との比較、高く売れるグレードや装備・色も紹介しています。

 

月々の支払額を少なく出来て、値引き額が多くなる残価設定ローンでコペンを購入するケースが増えています。

 

3年の残価設定プラン

※3年残価設定プラン

 

5年の残価設定プラン
※5年の残価設定

 

上記はコペンの見積書です。月々の支払額と3年と5年後の残価が記載されています。

 

ローンで購入する人の約半数が残価設定ローンを利用しています。しかしその仕組みが分からず、敬遠している人も多いのではないでしょうか。

 

以下でコペンの残価設定ローンのメリット・デメリットを紹介していきます。

 

 

残価設定ローンのメリット

 

コペンの残価設定クレジットのメリット
①頭金が無くても月々の支払額が安くなる
②中古車を検討していた人でも新車に手が届く
③銀行ローンに比べて契約手続きが楽になる
④通常のディーラーローンよりも残価設定の方が金利が安い
⑤コペンの新車値引きが多くなる

 

まずメリットとして「まとまった頭金が無くても月々の支払額が抑えられる」ということですね。

 

そのため新車購入を諦めていた人にも、新車のコペンに乗れるチャンスが広がります。

 

通常のディーラーローンよりも金利が安く設定され、手続きも楽な事から、利用時のハードルも低くなっています。

 

さらに残価設定ローンでコペンを購入する事で、コペンの値引き金額が多くなるメリットもあります。

 

 

残価設定ローンのデメリット

 

コペンの残価設定クレジットのデメリット
①残価分にも金利が掛かるので、金利手数料の総額は高くなる
②走行距離や状態等が規定内から外れると残価が保証されず追い金が発生する
③ 残クレ中はコペンを売れない??
④ ローン終了後、手放す時は必ずディーラーに返さなければならない??

 

数年後に据え置いた残価に対しても、年数分の金利が掛かるので、ユーザーが支払う利息手数料の総額はイメージしているよりも多く感じるでしょう。

 

また、残クレ終了時のコペンの残価をディーラーは保証してくれますが、走行距離などが規定から外れると、差額分の追い金を負担しなければなりません。

 

しかし一見デメリットに思える③④に関しては、実は間違いなんです。以下をご覧ください。

 

 

残クレ(残価設定型クレジット)が終わったらコペンをディーラーへ返さないとダメ?

 

3年~5年の残価設定ローンでコペンを契約したら、契約終了後は、

 

①新車に乗り換え

②コペンを返却

③再分割、又は一括返済してコペンに乗り続ける

 

とディーラーで説明されると思います。ダイハツのサイトにも出ていますね。

 

「返却」と聞いてしまうと、残クレ終了時はコペンをディーラーへ返すのが当然、と言う印象を持ちますが、実際はディーラー以外の所へ売っても構いません。

 

残クレ終了後コペンをディーラーに返さなくてもいい!

 

ディーラーが残価で引き取る状態のコペンなら、買取店ではもっと高値で買取ってくれる可能性が高いです。

 

その差額は数十万円にも及ぶことも・・・

 

当たり前のようにディーラーへコペンを返却すると、大きな損をする事になりかねません。

 

 

残価設定ローンの途中でもコペンが売れる!

 

「残価設定ローンを組んでいる最中はコペンを売れないんじゃないの?」と思っているユーザーは多いです。

 

しかし、実際にはローンの最中でもコペンを売る事は可能です。

 

「でも、現金で一括返済して名義を自分に替えてからでしょ?」と認識している人は多いですが、それも違います。

 

仮に買取店へ残クレ中のコペンを売った場合、買取金額でローンの残債を清算してくれます。

 

そして、買取金額の方が多ければ、差額を買取店から受け取れます。

 

しかしローンの返済が思ったより減っていなかった場合、清算時に追い金を負担する事になるので、残価設定ローンの途中でコペンを売る時は、ローン残債と買取金額を比較して十分に検討しましょう。

 

なお、買取店なら残債の清算や名義変更にかかわる手続きは、無料で代行してくれるので安心です。

 

 

コペンの残価設定ローンを売却時までシミュレーション

 

コペン セロSに、ボディカラーはパールホワイトⅢのメーカーオプション、フロアマット、エントリーナビ、ETCのディーラーオプションを付けて、5年の残価設定ローン(ワンダフルクレジット)で購入したとします。

 

グレード名 コペン セロS
総支払額(コペン値引き12万円

2,131,903円

頭金 0円
5年後の残価 788,000円
残クレ月々の支払額(5年) 27,669円×59回
最終回788,000円
5年後のディーラー査定額
(月間走行距離1000㎞)
788,000円

5年後ディーラーへ返却

±0円
5年後の買取店査定金額
(月間走行距離1000㎞)
コペンの買取相場
1,200,000円
5年後買取店へ売却 1,200,000-788,000=412,000円
約41.2万円が手元に残る

コペンの値引きは残価設定ローンの方が値引き額が多く出来るので、交渉次第ではさらに値引きの上乗せが可能です

 

コペン セロSの5年後の残価設定額は約78.8万円です。

 

走行距離や内外装の状態が、残価を保証する規定に収まっていれば、ダイハツディーラーはコペンを78.8万円で引き取ってくれるでしょう。

 

しかし、同じ車両状態のコペン セロSであれば、5年落ちの相場を確認すると、買取店へ売れば120万円で売れる可能性がとても高いです。

 

何気なくそのままディーラーへコペンを返却すると、差額の41.2万円をみすみす逃してしまう事になります。

 

5年後のディーラーと買取店の差

 

41.2万円あれば、次の車の購入資金に充てたり、他の事にも使えますね。

 

また、残価設定ローンでコペンを購入すると、デメリットにもあるように支払う利息手数料の総額は多くなる傾向です。

 

しかし、その分クレジット会社から入るマージンは多く、それをディーラーはコペンの値引きに充てる事が出来るので、しっかりと値引き交渉をすれば、コペンから大幅値引きも可能になってきます。

 

ちなみに、管理人が4年の残価設定ローンで普通車を購入した時は、4年後の残価設定額は270万円でした。

4年後の査定は?
ディーラー→本来260万だが特別に270万円
買取店→320万円

その差+50万円で買取店に売れました!

 

残クレ終了時や途中でコペンを売る場合は、ディーラーだけでなく買取店も検討した方が良いでしょう。

 

ディーラーのみだとシミュレーションのように40万円以上の損をしてしまうかもしれません。

 

 

売却時に高く売れるコペンの新車購入条件

 

高く売れるコペンの条件は?

 

コペンの中でも、リセールバリューの高いグレードや人気のボディカラー、人気のオプションなどがあります。

 

残価設定額は、色やディーラーオプションなどが加味されず、販売店にも寄りますがグレードにより一定の割合で決まっています。

 

不人気色やリセールの低いグレードなら、買取店よりディーラーの方が高くなる場合もまれにありますが、反対に人気色や人気グレード、人気のメーカーオプション等が付いた状態なら、買取店の方が高くなります。

 

コペンを売る時に高く売れる条件を紹介します。

 

コペンで高く売れるグレード

・コペンセロS

・コペンセロ

高く売れるボディカラー

パールホワイトⅢ

ブラックマイカメタリック

高く売れる装備

ナビ

 

コペンで高く売れるグレードは、「セロ」です。

 

他にもエクスプレイ、ローヴとありますが、初代のイメージを色濃く残している「セロ」が中古車市場でも人気のため、買取相場も高値で推移しています。

 

ボディカラーも査定に強い影響があるので、上記の2色はプラス査定ですが、シルバーなど他色になると、買取金額は下がってしまいます。

 

高く売れる装備は、ナビが付いていると、プラス査定の評価が入り、売却金額に反映されるでしょう。ただ、あまりに古いナビや、簡易なポータブルナビでは、ほとんどプラス査定にはなりません。

 

 

残価設定ローンのメリット・デメリットを理解していれば、コペンを残価設定型プランで購入もあり!

 

残価設定ローンにはデメリットがありますが、毎月の支払額が抑えられて、大幅値引きが可能になる事から、メリットも多々存在します。

 

さらにコペンのリセールバリューの高さを上手に利用して、売却時は残価設定額よりも高値で買い取ってもらいましょう。

 

注意が必要なのは、過走行や内外装の状態です。

 

あまりに距離を走っていたり、内外装がボコボコの状態だと大きくマイナスされ、残クレ終了時には清算金を請求されます。

 

以上の事を踏まえて、コペンを残価設定ローンで購入するか、検討するようにしたいですね。

 

 

自分の車の相場を調べて残価よりも高く売る!両方出来るおすすめサイトはこちら

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合いディーラーの残価よりも高値が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

 

コペンのモデルチェンジで限界値引きが狙える

 

コペンのモデルチェンジで限界値引きが狙える!

 

コペンにモデルチェンジが入るタイミングになると、古くなってしまう現行モデルのコペンは値引きが拡大されます。

 

新モデルのコペンが出ると、ユーザーの人気はそちらへ流れるため、古くなる現行モデルが売れにくくなる前に、値引きを大きくしてでも売り切ってしまいたいディーラーの事情があるからです。

 

コペンのモデルチェンジは世代交代となるフルモデルチェンジだけでなく、小規模な一部改良であっても、現行コペンが最新でなくなる事情は変わらないため、10万円以上の限界値引きを狙うことができます。

 

コペンの限界値引きはモデルチェンジの約2~2.5ヶ月前、概ねオーダーストップの約1ヶ月前から狙いやすくなるため、オーダーストップ前に値引き交渉を進めておくことで、限界値引きと好みの仕様(グレードやボディカラー等)を両方取りすることができます。

 

モデルチェンジの日が近づくほど、ディーラーはまだ残っている在庫車を売り切りたくて焦りますから、コペンの限界値引きを引き出しやすくなる一方、オーダーストップ後は在庫車のみの販売なので、自分の欲しいグレードやボディカラー、あるいは在庫車が売り切れとなってしまうリスクがあります。

 

もちろん、それを逆手にとって「もっと値引きしてくれるなら、まぁこの色でも我慢しようかな」などと、セールスマンに揺さぶりをかけ、コペンの限界値引きを勝ち取る手も使えます。

 

 

競合車のモデルチェンジでコペンの最大値引きが狙える

 

コペンと競合するライバル車にモデルチェンジが入ると、販売シェアを奪われまいと、ダイハツのディーラーではコペンの値引きを増やして対抗を図ります。

 

コペンのライバル車として、ここでは同じ2人乗りオープンスポーツであるホンダのS660をピックアップしました。

 

時期

S660のモデルチェンジ推移

2015年3月30日 S660発売
特別限定車「S660コンセプトエディション」を台数限定で発売
2017年6月2日 特別仕様車「ブルーノレザーエディション」を期間限定で発売
2017年11月10日 特別仕様車「コモレビエディション」を期間限定で発売
2018年7月6日 コンプリートモデル「モデューロX」を発売
2018年12月21日 特別仕様車「トラッドレザーエディション」を発売

 

S660は2015年の発売から年数が浅く、モデルチェンジは入っていませんが、上記の表にまとめた通り、しばしば特別仕様車などを発売するため、このタイミングをモデルチェンジと同様に見なして、コペンの最大値引きを狙う交渉材料に活用できます。

 

コペンの値引き交渉では「今度出るS660の特別仕様車を楽しみにしているが、やっぱりコペンも捨てがたくて悩んでいる。どちらもそれぞれ魅力的で、もうすっかり比べ尽くしたから、最後は値引き条件で選ぼうと思っている」などとアプローチしてみましょう。

 

あなたの真剣な態度で、セールスマンに「このお客を、値引きで一気に落とす(契約させる)!」と思わせられたらしめたもの、コペンの最大値引きが提示される可能性大となります。

 

 

コペンのディーラーオプションからこれだけ値引きが出来る

 

コペンのディーラーオプションから値引きが期待できる!

 

コペンの値引きは車両本体だけではなく、コペンにつけるディーラーオプションからも値引きが見込めます。

 

コペンのディーラーオプション
ワイドスタンダード メモリーナビ
ETC2.0
バックモニター
ドライブレコーダー
カーペットマット
盗難防止ロック付ナンバーフレーム
ドレスアップパック(メッキ)
シフトノブ(ウッド)
本革巻きステアリングホイール
ウィンドゥ撥水コーディング
ボディコーティング
オプション合計金額 509,631円
オプション値引き 約10.1~15.2万円

上記のディーラーオプションをコペンに選んだ場合、工賃込みで約50.9万円となります。

 

コペンのディーラーオプションは、オプション料金の約20~30%が値引き相場となっているため、上記のディーラーオプションであれば約10.1~15.2万円のオプション値引きを狙うことができます。

 

ディーラーオプションの仕入れ原価は、平均して約50%となっていますが、中にはカーナビのように高額でありながら仕入れ原価は約30%と安いオプションや、ボディコーティングのようにほとんど人件費≒利益(仕入れ原価約10%)なんてのもあります。

 

これら利益率の高いディーラーオプションを選んだ時は、ディーラーの利益からより多くの値引きを引き出すことを前提として、値引き目標金額に上方修正をかけておきましょう。

 

 

コペンのメーカーオプションからは値引き出来ない?

 

コペンのメーカーオプションは、ディーラーオプションほど大きな値引きが期待できません。

 

なぜなら、メーカーオプションはコペンの製造段階で車両本体に組みつけるため、その仕入れ原価が車両本体と同じになってしまうからです。

 

つまり、コペンのメーカーオプションは仕入れ原価が約85~90%ですから、そこからディーラーの利益や経費などを確保すると、約10%前後しか値引きできないのです。

 

とは言え、10%前後でも値引き出来ることには変わりないため、車両本体からの値引きにオプション料金の約10%前後を上乗せするイメージで、コペンの値引き目標を設定するといいでしょう。

 

 

コペンの在庫車は驚愕の最高値引き○○万円!

 

在庫車は最高値引きが狙える!

 

コペンは基本的に注文を受けてから製造する受注生産ですが、中には契約キャンセル車両やディーラーによる見込み発注、展示車両など、さまざまな形で在庫車を持っている場合があります。

 

基本的に小売業は在庫を嫌うものですが、コペンが売れないまま工場出荷から9ヶ月を過ぎてしまうと、完成検査の有効期限が切れて、登録には陸運局で再検査が必要になります。

 

これには手間もコストもかかる(期限内だったら、書類のやりとりだけで登録できた)ので、ディーラーとしてはどうにか9ヶ月以内に、それこそ値引きを大きくしてでもコペンの在庫車を売りたい事情があります。

 

だからこそコペンの最大値引きが狙えるのですが、値引き交渉の中で「今なら特別にコペンを値引きできます」など、セールスマンが短期決戦を望んでいる素振りを見せたら、コペンの在庫車を抱えている可能性が高いため、すかさずコペンの最大値引きを引き出したいところです。

 

 

オプションなし!下取りなしでコペンの値引き相場はいくら?

 

コペンに何もオプションをつけず、下取りなしだと、どのくらいの値引きが相場となっているのか、以下にグレード別でまとめました。

 

グレード別コペン下取りなしの値引き相場
ローブ 10~13万円の値引き
ローブS 11~14万円の値引き
エクスプレイ 10~13万円の値引き
エクスプレイS 11~14万円の値引き
セロ 10~13万円の値引き
セロS 12~15万円の値引き

ディーラーでコペンを仕入れる時、その原価率は新車価格の約85~90%となっています(ディーラーの仕入れ台数や販売実績などで増減があります)。

 

残った利益の中からディーラーの利益やコスト分を除いた金額が、上記のオプション&下取りなし値引き相場となります。

 

しかし、ディーラーも利益が多いに越した事はないので、黙っていてもここまでの限界値引きをしてくれる訳ではありませんし、オプションなし、下取りなしと値引き材料に乏しい中での交渉ですから、苦戦を強いられるかも知れません。

 

オプション&下取りなしでコペンの限界値引きを勝ち取るには、モデルチェンジの時期やライバル車との競合、そして販売ノルマ達成が厳しいディーラーを見抜いて値引き交渉に臨むなど、運やタイミング、情報などの諸要素をフル活用する必要があります。

 

 

決算値引きが最強説!コペンの決算値引きは実際いくら?

 

毎年9月と3月の決算月が近づくと、ダイハツはじめ各自動車メーカーでは決算の数字を少しでも上積みして業績を底上げしようと、コペンを含む新車拡販に力を入れてくるため、通常よりも大きな決算値引きを期待できます。

 

中間決算期は8月のお盆明けから9月いっぱいにかけて、年度末決算期は早いとこでは新春フェアの直後から3月いっぱいにかけて、それぞれ決算セールを開催しているので、コペンの決算値引きを勝ち取るチャンスとなります。

 

コペンの決算値引きは10万円以上を狙うことができるので、ライバル車との競合やオプション値引き、下取りなども活用して、限界値引き突破を目指しましょう!

 

 

コペンを限界値引きで購入しても下取り車で損したら意味がない

 

下取りを安くされて、せっかくの値引きを帳消しにされたら勿体ないですよね・・・。以下の一括査定を利用する事で、ディーラー下取りで損しないように愛車を高く売り抜く事が可能です。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合いディーラーの残価よりも高値が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

 

PR

PAGE TOP

運営者情報  ・お問い合わせ
copyright©2006-2018 ダイハツ コペンを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com